woodman2016-220x300こんにちは!広島県 廿日市市 宮内鍼灸整骨院の副院長です。

7/3(日)、はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン大会2016(通称WoodMAN)が開催されます。

数々の感動を産み出した本大会。今年で10周年を迎えます。

廿日市市も7/3に向けて盛り上がっています!

【主会場】廿日市市内

【競技内容】

○スイム(2.5km)厳島神社より瀬戸内海を縦断するワンウェイコース

○バイク(55km)中国山地を縦断、高低差約850mのワンウェイコース

○ラン(20km)標高900mの山を登って降りる坂道コース

IMG_2051【競技カテゴリー】

○エリートの部

○個人の部

○リレーの部

【大会概要】

「タフなコースで知られるはつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン大会。スイムは世界遺産の宮島の大鳥居をスタートして対岸に進む、全国でも珍しいワンウェイコース。バイクは高低差850mのほぼ上りのコースで、中盤と後半に2つの激坂が待ち受けている。20kmのランは中盤に標高900mを上って下りる往復するコースが含まれ、ワンウェイの大会全コース中で唯一、ほかの選手との対面がある。起伏の激しいコースで挑戦し甲斐のある大会だ」

今まで何人か知り合いの方が出場しているのですが、本当に過酷なレースだそうです。「坂がきつい」とよく聞きます。武井ファミリーは家の近くの阿品台団地でバイクの応援をすることが多いのですが、選手の皆さん、確かに上りが辛そうでした。山中の激坂は想像しがたい辛さなのでしょうね。

「沿道の応援に力をもらえる」ともよく聞くので、廿日市市民の皆さん、今年も応援頑張りましょうね。

今年も知っている方が何人か出場します。今年は「広島県庁トライアスロンクラブAチーム」のバイクで、湯崎英彦広島県知事が出場しますね。大注目です!

大会当日の天候が気になりますが、トライアスリートの皆さんにとって競技に最適な天気になりますように・・・。