昼と夜の長さが同じになる秋分。

夕方からは気温も下がり、涼しくなってきます。

夏は暑いため体温がキープできやすいのですが、涼しくなると体は代謝を上げて体温を維持しようとします。

しかし、気温の変化が激しく、日中は暑く毛穴が開いているところに冷えが入りやすく、冷えがさまざまな体の不調をもたらします。

この時期、足のふくらはぎがよくつるのは、涼しくなった頃に出てくる夏の疲れが原因です。

こむら返りの予防として、下半身の防寒を心がけ、お風呂はシャワーで済ませるのではなく、湯船につかりましょう。

半身浴、足湯でも効果があります。

また、秋の夜長に読書、パソコンを楽しむ方は、目の疲れに注意しましょう。

目の疲れには、豚レバー、カボチャ、ニンジンが効果的です。

 

9月(白露・秋分の頃)が旬の食べもの

野菜、果実:栗、松茸、椎茸、長芋、さつまいも、じゃがいも、チンゲンサイ、カボチャ、梨、ぶどう、ザクロ、いちじく、しその実、きんかん など
魚介類:サンマ、スズキ、サケ、イクラ、太刀魚、えび など