プロのスポーツ選手がハリ・灸治療を受けていることは、広く知られています。

最近では日本だけでなく外国も含め多くの一流アスリートがハリ・灸治療をうけており、アスリートの海外遠征などに鍼灸師が帯同することも珍しくありません。

その理由は、いわゆるスポーツ障害の治療というだけでなく、疲労を早く取り去り、より高度な練習を行えるようになる事や、筋肉の能力をより高めるため等、パフォーマンスを上げるという積極的な意味合いでハリと付き合っているようです。

最近、スポーツ人口の増加に伴って、アマチュアスポーツの患者さんによるスポーツ障害での受診も急激に増えています。

その代表的な障害は、筋肉痛・関節痛・捻挫・肉離れ・テニス肘(上腕骨外側上果炎)・ゴルフ肘(上腕骨内側上果炎)・膝関節炎などの靱帯や腱・筋肉の過伸展・部分断裂・炎症によるものや、筋肉の疲労による腰痛・頸肩背部痛などです。

いずれも筋肉・腱・靱帯などのいわゆる軟部組織です。

この皮膚の下にある軟部組織の患部に直接アタックできる治療法が、鍼灸治療です。

痛みをやわらげ、回復を早め、疲労回復にも大きな効果を発揮します。

その為「整形外科に通って治らなかった」という症状が、鍼灸治療で改善されるケースがあるのです。

また、患者さんの中には、軟部組織の損傷のみならず、いわゆるゴルフ骨折などの骨折の人もいます。

骨折の治療にあたっては、ギプスによる完全固定が必要でない場合は適度な固定(取り外しができる)をしつつ、ハリ治療を行うと、単に固定だけの治療に比べ数段早く治るという結果が得られます。

それと同時に、筋肉萎縮がないために、固定を外すと直ぐに通常の生活にもどれるという、すぐれた効果があります。

アスリートのスポーツ障害、パフォーマンス向上にも、鍼灸治療は効果を発揮します。

健康を維持するためにも、自分自身の体と上手に向き合いながら、スポーツに取り組みましょう!

 

当院健康だより「鍼灸が身体に良い理由」も合わせてお読みください。

廿日市の宮内鍼灸整骨院(はり灸・小児はり・整骨)|肩こり 腰痛・ぎっくり腰 肘・膝の痛み 神経痛 アレルギー改善 スポーツ外傷 睡眠障害 全身調整・・・他
しっかり治したい方に・・・。宮内鍼灸整骨院は、院長 武井 拡が、患者さん一人ひとりに合った治療をしっかりと行います。