耳には、全身に繋がるたくさんのツボが密集しています。

特に美容と健康維持にとても効果的があり、刺激をするだけでカラダの様々な不調改善につながります。

冷え込んだ朝や、仕事に疲れて帰宅した夜などに意識的に「耳マッサージ」をしてみると、思いの外スッキリした感じを得られるはず。

耳マッサージの方法は実はとっても簡単です。

●まずは自分の耳を触ってみることからスタート。
●耳全体を指で包むようにして刺激を与える。
●指の先で耳の上から下に向かって、少しずつ丁寧に押しながら揉んでみる。
●柔らかいところ、少し痛いところ、イタ気持ちいい感触を感じてみる。
●痛いところやイタ気持ちいいところがあれば、その部分を中心に揉む+引っ張ってみる(強い力はNG)。

普段あまり意識することのない耳ですが、耳は顔や首、頭につながっている要所なので「押す」「揉む」「引っ張る」という3動作によって、耳の周りはもちろん顔、首、頭までをほぐす(緊張状態を和らげる)効果が期待できるのです。

ですが、以下の2つのポイントを守って行って下さい。

耳マッサージをするにあたって気をつけたいポイント
●あまり強い力でやりすぎない。
●痛い感触のところを、我慢してまで刺激を与えない。

耳の皮膚は意外と冷えているので、温かい手や指で刺激を与えながら温めてあげることもマッサージ効果のひとつとなりますので、浴槽に浸かっているときのマッサージもより効果的です。

意外と知られていませんが、耳には110個ものツボがあると言われ、全身のツボの1/3が集まっているとされています。

ツボを刺激することで、その反射区(体内の臓器や器官とつながっているとされるところ)につながっている場所に刺激を与えて、動きを活性化させるなどの効果が期待できます。

また、顔の近くにあることで、美顔に高い効果があります。

耳のマッサージで、耳たぶを引っ張ってあげたりすることで、耳のリンパを流してあげられるので、それによって、顔のリンパの流れも良くなりリフトアップにもつながります。

また、耳のマッサージは、周辺の筋肉をゆるめることもできます。

顔の筋肉が硬くなっていると、顔を引き上げる力が低下してしまいますから、その点からも、耳のマッサージは顔のリフトアップにもなるといえます。

足裏の刺激は仕事中や外出先では難しいですが、耳に関しては、わりと簡単にどこでもできるのが大きなメリットといえます。

 

また、耳のマッサージは眠気覚まし・頭痛や肩こりにも有効なので、日常的にも取り入れてください。

 

二十四節気「春分(しゅんぶん)」

鍼灸が身体に良い理由

も合わせてお読み下さい。

 

廿日市の宮内鍼灸整骨院(はり灸・小児はり・整骨)|肩こり 腰痛・ぎっくり腰 肘・膝の痛み 神経痛 アレルギー改善 スポーツ外傷 睡眠障害 全身調整・・・他
しっかり治したい方に・・・。宮内鍼灸整骨院は、院長 武井 拡が、患者さん一人ひとりに合った治療をしっかりと行います。