立秋とは、「秋立つ」の意ですが、 実際には名ばかりでこの頃が一年で最も暑い時期です。

「暑さ寒さも彼岸(秋分の頃)まで」というように、涼しくなってくるのは、まだ当分先の話です。

引き続き熱中症に気をつけましょう。

屋内では冷えすぎという位にクーラーを効かしている場合があります。

クーラーで冷えたカラダに冷たい飲みもの、冷たい食べものばかりでは胃腸の働きは低下します。

食欲がなくなると、食事から十分な栄養が摂れず、体のだるさや疲労感など、夏バテ症状につながります。

身体に不調が現れたら、早めの対策を!

食欲不振・食あたりの時には、足の裏にあるツボ「裏内庭」へお灸を。

サイト せんねん灸より

足の第2指を折り曲げて、第2至指の腹が足裏についたところにあります。

このツボは、押すよりお灸、しかも熱いお灸がオススメです。

食欲不振・食あたり・胃の痛み・下痢以外にも、つわり、体調不良、じんましん、乗り物酔い等にも効果を発揮します。

食あたり・ストレスでお腹が痛い・・・
下痢が止まらない・・・
つわりがひどい・・・
そんな症状の方にオススメのツボです。

 

8月(立秋・処暑の頃)が旬の食べもの

野菜、果実:枝豆、とうがん、唐辛子、オクラ、しょうが、とうもろこし、ゴーヤ、トマト、パプリカ、ピーマン、みょうが、モロヘイヤ、すいか、すだち、ぶどう、マスカット など

魚介類:たこ、かんぱち、たちうお、おこぜ、あわび、こんぶ など