2015-12-05 11.13.142015-12-02 13.57.082015-12-02 13.59.47こんにちは! 廿日市 宮内鍼灸整骨院の副院長です。

12/2(水)、FMはつかいち「お昼のリポート」で、当院にリポーターの香川 典加さんが来られました。

「治療に専念したいので・・・」と、控えめな拡院長は一切出演せず。

本番に弱い私がしゃべらせていただきました(*^_^*)

インタビューの中で、「逆子改善に、鍼灸治療が効果があります」と、拡院長に合計三回逆子を治してもらった実体験を踏まえて話をしました。ラジオでは少ししか話が出来なかったので、以前、iタウンページのブログで紹介した内容を載せておきますね(^^)

「逆子」~iタウンページ副院長ブログより~

「鍼灸治療で逆子が治るんですよ。知っていましたか?

私、ヒロシ院長に合計3回、逆子を治してもらいました。

上の娘を妊娠中、逆子になり、さっそく鍼灸治療開始!

お腹には一切触らず、足の小指にあるツボを刺激するのですが、治療を始めたらお腹の赤ちゃんが元気に動くんです。

「なんで?足の小指と赤ちゃんがつながっているの??」と驚きました。

その後、一旦逆子は改善したのですが、妊娠後期に再び逆子に!

お腹の赤ちゃんに「そんなに帝王切開で産まれたいのか?」とあきれながら、再度治療開始!

なんとか治り、帝王切開は免れました(^_^;)

二年後、第二子の息子を妊娠しましたが、またまた逆子です。うちの子ども達すごいでしょ。

鍼灸治療で逆子は治りましたが、前回のことがあるので、出産まで「再び逆子にならないように」と治療を続け、無事、自然分娩できました。

産まれる前から鍼灸治療を受けた我が子たちでした。」

上の娘、二回逆子になるあたりが、産まれる前からユニークですね。

合計三回、逆子を治してもらった私も、ある意味記録保持者かもしれません(^_^;)