こんにちは!広島県 廿日市市 宮内 鍼灸整骨院 の 副院長 です。

7/1(日)はつかいち 縦断 みやじま 国際 パワー トライアスロン 大会 2018(通称 WoodMAN)が開催されました!

前日に雨が降ったりと、天気が心配されていましたが、何とか持ち直しました。

当日の早朝には何と霧が!

 

その後霧も晴れ、午前9時30分、スイムの選手が厳島神社そばの宮島西松原をスタート!

今年は潮の流れと逆に泳ぐことに・・・

世界遺産、厳島神社のそばから対岸へ向けて、2.5㎞を泳ぎ渡るコースです。

今年はスイムで救急搬送された選手の方がいたそうです・・・

一日も早い回復をお祈りします・・・

 

バイクコースは高低差850mの55㎞!

「日本一きついバイクコース」との声もあるそうです。

団地を走る際、沿道からの歓声に力をもらい、山道では自然を感じるコースだそうです。

ランコースは唯一往復コースがあり、他の選手と対面することで最後の気力が出ることもあるそうです。

過酷なレースの一番最後は登り坂を登ってからのゴール!

選手の皆さん、本当にお疲れ様でした!

大会本部に結果発表が掲載されていたので、順位上位選手を報告しておきます。

【エリートの部男子】1位 井辺 弘貴 選手(九州大学)2位 松田 薫 選手(大阪府トライアスロン協会)3位 山本 昌孝 選手(神奈川県トライアスロン連合)4位 福元 哲朗 選手(広島県トライアスロン協会)

【エリートの部女子】1位 三分 陽子 選手(チームエフォーツ(鳥取))2位 植松 美晴 選手(同志社大学)3位 藤木 藍子 選手(兵庫県トライアスロン協会)

【個人の部】1位 稲葉 大友 選手(京都府)2位 片山 草太 選手(大阪府)3位 栗山 和之 選手(兵庫県)4位 橋本 悠輝 選手(大阪府)5位 乾 敦詞 選手(奈良県)

【リレーの部】1位 コベルコ建機 トライアスロン部(スイム 丹波 健 選手、バイク 佐々木 均 選手、ラン 真鍋 浩平 選手)、2位 広島Jallows(スイム 大木 悟 選手、バイク 神野 勝 選手、ラン 徳島 睦夫 選手)、3位 忍耐はすべての扉を開く!(スイム 松崎 周平 選手、バイク 岡田 裕亮 選手、ラン 石津 悟 選手)

去年もお見かけしたお名前が並びます。

今年も廿日市市にパワーをありがとうございます!

 

来年もお待ちしています!!