こんにちは!広島県 廿日市市 宮内 鍼灸整骨院 の 副院長です。

「日本 三大 船 神事」とも言われる「宮島 管弦祭 2018」が、7/29(日)に行われます。

例年は16時からでしたが、今年は1時間早く15時開催予定だそうです。潮の具合でしょうか。

平安時代に都で貴族に愛されていた「管弦遊び」

平 清盛がこの遊びを厳島神社に移し、神様をお慰めする神事として執り行ってうようになりました。

当初は対岸の 地御前神社 から 厳島神社 まで管弦船で合奏していたそうです。

この日は宮島での行事だけでなく、地御前神社 周辺も賑わいます。野坂中学校 の生徒がほぼ参加しているという噂も・・・

 

去年は武井ファミリーで宮島に渡り、管弦祭を楽しみました。

「管弦祭 2017」の画像ですがどうぞ!


大鳥居の下を通る管弦船はとても神秘的で、いつもの大鳥居とは違った雰囲気でした。

厳島神社は人でいっぱいで、到着した管弦船と観光客のパワーがぶつかり合い、高揚感溢れる空間となっていました。

いつまでもとどまっていたいと長居をしてしまい、危うく帰りのフェリーを逃すところでした・・・

今年の管弦祭も楽しみです!

今週末、台風が来る気配もありますが、それてくれますように・・・

そう言えば、「宮島水中花火大会2018」が中止になったというニュースが入ってきました!

残念ですが、西日本豪雨災害の事を考えると仕方がないのかな・・・

来年の「宮島水中花火大会2019」を楽しみにしています!