こんにちは!広島県 廿日市市 宮内鍼灸整骨院 の 副院長です。

TBS系ドラマ「この世界の片隅に」、9月16日(日)ついに最終回が放映されましたね。

ラストではすずさんのカープ女子姿も見れて、「負けんさんなー、広島ー!」との言葉に胸が熱くなってしまいました。

「すずさんは今も元気にカープを応援している」という設定をドラマではちゃんと映像化してくれました!

広島東洋カープには、戦後、原爆の被爆地となった広島を元気づけてくれ、広島のみんなと共に歩んできたという、他球団とは違う歴史があるのですが、他県の方々にちゃんと伝わったかな・・・

すずさんは黒田のユニフォームを着ていましたね。

ちなみに我が家の黒田ユニフォーム!

私は原作者のこうの史代さんが好きで、宮内鍼灸整骨院の待合室本棚にも、「この世界の片隅に」を置かせてもらっています。

患者の皆さん、遠慮なく読んで下さいね。

こうの史代さん、8年前に廿日市市にいらっしゃった事があります。

8年前の2010年、はつかいちさくらぴあの「はつかいち美術ギャラリー」で「第14回平和美術展 こうの史代まんが原画展」が開催され、初日にこうの史代さんとのギャラリートークがあったんです。

うちの子どもたちがまだ小さかったのでギャラリートークの参加は諦めましたが、子どもたちと「こうの史代まんが原画展」に行きました。

その時会場でいただいた小冊子「鬼イチャン」(浦野すず著)です。

小冊子の裏表紙に「はつかいち美術ギャラリーに来て下さってどうもありがとう!」と、こうの史代さんからのメッセージが書かれています。

わたしは「こちらこそ、廿日市市に来て下さってありがとうございます!」という気持ちでした。

原画展では「夕凪の街 桜の国」と「この世界の片隅に」の原画が展示されていて、戦争の残酷さ、平和の尊さを感じながら、子どもたちの手をぎゅっと握りしめた事を覚えています。

こうの史代さんは「体験者が忘れたいことが知られたくないこととは限らない。経験していないことは伝えられないことではない」という思いを込めて描いたそうです。

こうの史代さんからは色んなことを伝えてもらいました。

子どもたちにも私なりに伝えていこうと思います。

そして、日常の小さな幸せがいつまでも続きますように・・・