こんにちは!広島県 廿日市市 宮内 鍼灸 整骨院 の副院長です。

2019年2月24日(日)「はつかいち文化ホールさくらぴあ」で「NHK のど自慢 広島県 廿日市市 大会」が行われました。

本番に先駆けて、予選会が23日行われ、抽せんで選ばれたおよそ250組が参加しました。

すごい人数ですね。かなりの激戦です。

本番の観覧も激戦らしく、なかなか当たらないそうですね。
予選会は入場自由なので行きたかったのですが、仕事で断念!
昼前から夕方にかけて約250組の出場者が曲名順(あいうえお順)に歌ったそうです。

激戦を勝ち抜いた20組が当日の本番に進みます。

そして迎えた本番。

廿日市市民は元気な人が多いのですね。人物が魅力的!歌が上手い!演出が面白い!感動!と、盛りだくさんののど自慢になりました。

本番当日の放送リポートはこちら⇒ NHKのど自慢廿日市市大会 放送リポート

特別賞

1番:マツケンサンバⅡ 松平健
【けん玉を教える65歳。松平健の大ファン】
廿日市ではけん玉名人で有名な先生で、息子も握手してもらった事があります。

けん玉しながら歌うという大技を見事に披露。けん玉も素晴らしいし歌もうまい。

今年の紅白歌合戦で、三山ひろしとの共演を期待しています。

チャンピオン

14番:時の足音 コブクロ
【中2で生徒会副会長。今日は妹の誕生日】
爽やかなイケメンで、歌い出したらすごく上手なので驚きました。

ジャニーズからスカウトが来そうですね。

学校でも人気者なのではないでしょうか。

中2でこの歌唱力!今後の成長が楽しみですね。

 

出演者以外で特筆すべきは、伴奏でドラム担当の 山口圭一 さん。

楽しそうに演奏しながらニコニコ笑顔でずっと歌を口ずさんでいて、どうしても目が行ってしまいます。

本当に音楽が好きなんでしょうね。

 

後、家のカーテンで衣装を作りジュディオングを熱唱した方と、ダンシングヒーローを楽しく演じた市民ミュージカルの皆さんが個人的に良かったです。

 

俳優の松平健さんと演歌歌手の藤あや子さんをゲストに迎えた今大会。
歌ってもらった曲はこちら。
松平健「マツケン・アスレチカ」
藤あや子「秋田音頭-AKITA・ONDO-」

今回ののど自慢は、廿日市市 市制施行30周年を記念して実施とのことです。

またの実施を楽しみにしたいと思います!